24時間web予約
24時間web予約
Auntie Tina | アンティ ティナ| 岡崎のお料理教室 |cooking school in Okazaki

旬の食材を食べることの大切さ

全ての食材には旬があります。現代は野菜の栽培技術や魚の養殖技術が発達し、どんな食材でも一年を通して手に入るようになったため、旬に関係なく多くの食材が食べられるようになりました。何が旬なのか分かりづらくなってしまいましたが、旬の食材を食べると体にも心にも良い影響を与えます。

旬とは

食材の旨味が増して食べごろになる時期を旬といいます。出荷量も増えるので、値段もリーズナブルになります。四季がはっきりしている日本では、季節ごとに様々な旬の食材が楽しめます。植物はそれぞれ生育に適した時期が決まっており、時期がずれるとあまり成長しなくなります。そのため、旬ではない野菜はビニールハウスなどで人工的に温度を調節して栽培しています。いくら技術が発達したとはいえ、自然に逆らって栽培した野菜は自然環境で育った旬の野菜よりも味や香りが落ちてしまいます。食材が持つ本来の美味しさを味わうなら、自然のリズムで育った旬のものを食べるのが一番です。クッキング教室のAuntie Tinaでは旬を大切にすることを重視しているので、旬の食材を活かした料理を覚えたいという方におすすめです。

季節ごとの特徴

春の食材

春に旬を迎える食材には、ふき・タケノコなどの山菜や、キャベツ・セロリ・アスパラガス・イチゴ・ワカメなどがあります。これらの食材はビタミンが豊富で、紫外線から体を守るためのポリフェノールも含まれています。春は体の調子を整えて体力を消耗しやすい夏に備えることが大切です。春に旬を迎える食材を食べることで、夏に負けない体作りをすることができます。

夏の食材

夏には、トマト・ナス・キュウリ・ミョウガといったみずみずしい食材が旬を迎えます。強い日差しが照りつけ、大量の汗をかく夏は水分補給と体温調節が大切です。これらの食材は、水分を補いつつ体を冷やしてくれるので夏にピッタリです。

秋の食材

秋といえば、きのこ・栗・さつまいも・柿・梨が美味しい季節です。栗やさつまいもなどの甘味のある食材は、冬の寒さをしのぐエネルギーになります。食欲の秋に旬の食材をたくさん食べて、冬も元気に過ごしましょう。

冬の食材

冬は、根菜の大根・ごぼう・ネギ・かぶなどが旬を迎えます。根菜は、煮物や鍋など温かい料理にして食べることが多いので、体が温まります。

Auntie Tinaは、子連れで参加できる少人数制のクッキング教室です。是非、子供たちと一緒に美味しい旬の食材を使った料理を学んでみてはいかがでしょうか。

営業時間10:00~22:00