24時間web予約
24時間web予約
Auntie Tina | アンティ ティナ| 岡崎のお料理教室 |cooking school in Okazaki

調理の際に気をつけたい衛生管理

美味しい料理を作るためには、素材選び・手順・味付けが重要なポイントとなります。この3つも大切ですが、どんなに美味しい料理を作っても、衛生管理を怠ると食中毒を起こしてしまいます。そこで、調理の際に気をつけたい衛生管理について説明したいと思います。

生肉と生魚の取り扱い

生肉と生魚の保存方法を間違えると食中毒菌が増殖してしまいます。生肉にはサルモネラ菌やカンピロバクター、生魚には腸炎ビブリオという食中毒菌が付着している可能性があります。食中毒菌の多くは、10℃以下で増殖が遅延し、-15℃以下になると停止します。生肉や生魚を購入した場合は、帰宅後すぐに冷蔵庫へ入れましょう。調理で生肉や生魚を使用する際は、キッチンに出しっぱなしにするのではなく、使用する直前まで冷蔵庫で保存しておきます。生肉や生魚を切るために使った包丁とまな板は洗剤で洗ったあと、沸騰させたお湯をかけて消毒すると安心です。より安全に調理するために、まな板は野菜用と肉・魚用で使い分けることをおすすめします。

加熱の仕方

食材に付着している食中毒菌の多くは、加熱によって殺菌できます。加熱する目安は、中心温度が75℃以上で1分間加熱することです。厚みのあるお肉や魚は、中心温度が75℃以上になるまで時間がかかるので注意が必要です。冷蔵庫に保管していた残り物も、十分に加熱してから食べるようにしましょう。

タオルや布巾

調理をする時には、タオルや布巾を頻繁に使います。タオルと布巾は調理を始める前に、清潔なものを準備しましょう。使用済みのものには、食材や人の手から移った細菌が付着している可能性があります。細菌が付いた状態で放置すると細菌が増殖するので、使用済みのタオルや布巾を使うのは非常に危険です。

調理教室でも、もちろん衛生管理に気をつけて調理を行います。安全で美味しい料理を学ぶなら、調理教室のAuntie Tinaへお越しください。Auntie Tinaでは、オーガニックの野菜を使った料理や、簡単に作ることができるオシャレな料理が学べます。

営業時間10:00~22:00